動物看護師資格

動物看護師はペットの健康を守る仕事で、動物の病気や怪我を治療する獣医師のサポートを行う仕事でもあり、人間の健康管理を行う看護師とほぼ同じ仕事でありますが、その資格はどのように取得出来るのでしょうか。
動物看護師はまずペットに関する医療の知識を修得し、ペットの健康管理を行えることが基本とされています。

 

動物看護師は民間資格となり、人間の看護師とは違います。
認定校によりカリキュラムを修得し、試験を受けて合格した場合に独自の認定が行われます。
認定もいくつか種類があり、どこの認定を受けるかによって受講する学校を選ぶことになります。

 

それぞれの団体の認定校や専門学校によって内容は違いますが、受講内容は動物に関する健康の知識を取得することにくわえ、実際に動物を看護する実技も行われます。通信講座によっても資格の取得が出来ます。
通信講座でも実際に動物に触れて実技が行えるところもあり、働きながら動物看護師を目指す人にとって、通学が難しい場合には通信講座で自分のあいている時間に知識を身につけることが出来ます。

 

動物看護師のライセンスを取得したら、動物病院で勤務出来ることはもちろんペットショップやブリーダー、動物園、その他動物を取り扱う場面での活躍が出来ます。