ペットブリーダー資格

ペットブリーダーとは、ペットの繁殖や飼育を手がけて、流通させる仕事のことです。
日本のペット飼育率は欧米並みになってきましたが、ペットブームを支える重要な役割を担っています。

 

ペットブリーダーが活躍するのは、ペットショップや動物病院の他、独立開業して個人でブリーダー業を営むケースも多く見られます。
副業としてのブリーダーや、チャンピオン犬を育てるトップブリーダーまでさまざまです。

 

ペットブリーダーの特別な資格はありませんが、子犬の繁殖と飼育に必要な、知識と技術を習得し、衛生管理や経済についても学ぶ必要があります。
また、生命を扱うということから倫理観を身につけたいものです。
財団法人職業技能振興会が行う「ブリーディング技能士」や各種団体のブリーディング講座を受講して、それぞれが発行する資格を取得することをおすすめします。
いずれも、高校卒業程度の学力があれば受講できます。

 

ペットブリーダーに向いているのは、動物が好きであるだけでなく、責任感や粘り強さのある人です。
きめ細やかに毎日の世話や健康管理を行い、動物のペースに合わせる必要があるので、単なる動物好きでは務まりません。

 

ペットブリーダーとして販売をする場合、動物取扱業の届出が必要になります。
各都道府県で方法が異なりますので、確認しておきましょう。

 

 

もし時間がないとか自分のペースで勉強したいということであれば通信講座での勉強も一つだと思います。
開業や就職支援などを行ってくれるところもありますし良いのではないでしょうか。

日本ケンネルカレッジ

学校法人である通学制専門学校が運営するペット資格の通信講座です。
様々な講座があるのですがペットブリーダー資格ということであればドッグブリーダー養成専門講座やペットブリーディング学科でしょうか。
JCSA 認定「ドッグブリーダー」の資格取得が可能です。
就・転職、開業支援もバックアップしてくれるのもありがたいです。

公式サイトでチェック「日本ケンネルカレッジ」

主な活躍の場

動物病院、動物園、ペットショップ、動物関連企業、ペットアドバイザー、インストラクター、ブリーダー、ペットテーマパーク、ペットホテル、ペットレジャー施設、動物プロダクション、ペット関連企業他