ペットシッター資格

ペットシッターは、家庭で大切に飼われているペットの世話をする仕事です。食事や水を与えたり、散歩や掃除をするなど仕事内容自体はそれほど難しいものではありませんが、大切なペットを預ける側からすれば、動物に対して愛情があり信頼できる人物に任せたいものです。

 

そのためペットシッターとして仕事をするためには動物取扱業の登録をする必要があります。動物取扱業の登録をするためには動物取扱責任者が必要になりますが、動物取扱責任者になるには愛玩動物飼養管理士や家庭動物販売士、トリマーなど法律で定められた資格のいずれかを取得していることが条件となります。

 

この中に含まれるのが認定ペットシッター、およびペットシッター士です。いずれも民間資格ですが、取得するには専門知識を身につけて試験に合格する必要があります。
独学でも不可能ではありませんが、やはり専門のスクールに通うのが早道です。
近くにスクールがない人や自分のペースで勉強したい人のためには通信講座も用意されています。
いずれの講座も終了後にスクールで試験を受けることができます。
どちらかといえば通学コースの方が、実習があったり他の資格も同時にとれたりなど、有利な面があります。